241CO.の代表 藤井英一が発信する
言葉をご紹介します。

「苦労が深ければ深いほど、いいものができる」

世界最高水準のデニムをつくってきた。
誰にも真似できない製品をつくりたい一心で。
妥協すれば楽なんだろうけど、
自分をごまかすことはできないから。

「人と同じことをするな」

ムチャクチャだと怒られても、バカと笑われても、
自分が信じたことを突き進めばいい。
人と同じことをしても、
同じものしか生まれないのだから。

「グルーブ感のある仕事をしようや」

ファッションは遊びの一つ。
下を向いて働いてもおもしろいモノはつくれない。
だから社員には遊び心やノリの良さ、ふざけた感じがあっていい。
そういう人は困難な課題にぶつかっても
「おもしろいじゃん!」と立ち向かう勢いがある。

「奇跡のデニムをつくりたい」

世界トップブランドを技術で驚かせてきた。
オリジナルブランドを立ち上げ
著名なアーティストから高い評価も頂いた。
でもまだ止まる気はない。
どうやらまた、険しい道を歩くことになる。